お菓子大好き!だけど太りたくない・・・。ダイエット・ケーキを自分で作るMYレシピ記録。単純にお砂糖やバターを減らすのとは全く別の発想のアイデアがいっぱいです。


by lord_penguin
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カトルカール 酒粕

d0090253_214738100.jpg

パウンド作りました。卵を使う焼き菓子をたまには作らないと勘がにぶるので、プレゼントするあてがあると作ります。焼きたてより2、3日経ってからの方がおいしいですが、どうしても粗熱がとれるたかどうか、というくらいで味見を。そう、2、3日経っておいしくなったかどうか、焼きたてにも食べておかないとわからないじゃないですか。
【材料】6cm×18cmのパウンド型1台
バター 90g
太白ごま油 15g(植物油ならなんでも)
グラニュー糖 87g
酒粕(板状のもの) 40g
全卵 100g(L、Mのサイズ1個ずつ)
薄力粉 100g
ケシの実 小さじ1
●サラダ油、強力粉(型の準備)

0.卵は小さめのボウルに溶きほぐし、湯せんで一肌程度にしておく。
  バターと酒粕は、室温に戻して柔らかくしておく。
  薄力粉はふるっておく。
型の底と側面に薄く油を塗り、強力粉をふって、余分な粉は落とし、冷蔵庫に入れておく。
1.ボウルにバター、太白ごま油、グラニュー糖、酒粕を入れて泡だて器でよくなじませ、フワっとするまでよく混ぜる。
2.別のボウルで卵を、卵白が見えなくなるまでよく溶きほぐす。1に卵を大さじ1ずつ加え、そのつど泡だて器でよく混ぜる。(★分離しないようにするコツ!1回ずつの卵の量が少ないから、全体ではそんなに混ぜる回数は変わらないから、ぜひこの方法で)つやが出て、白っぽくもったりとしてくるまで混ぜる。
3.薄力粉を加え、粉が見えなくなるまでゴムベラで底から返すようにして丁寧に混ぜる。
4.型に流し入れ、真中をくぼませて生地をならし、ケシの実を散らす。170℃のオーブンで45分焼く。


たまには、卵さんの力で、ふうわり、ケーキを楽しみます。うちの家族はじつは全然アトピーに縁がないのです。
[PR]
by lord_penguin | 2007-04-15 00:21 | 基本レシピ